コーヒーの保存方法

コーヒーの風味は、直射日光、高温・多湿、酸素などによって損なわれます。コーヒー豆は密封容器に入れ冷蔵庫の冷凍庫で保存しましょう。特に挽売りで購入した場合には確実に密封しましょう。
コーヒー豆を挽いてしまうと直ぐに風味が飛んでしまいますので、できるだけ豆の状態で購入し、豆のまま保存し、飲みたいときに飲みたい分だけ挽くようにするのが良いとでしょう。

ペーパードリップでの淹れ方

コーヒーを美味しく飲むのにはやはり、ペーパードリップ方式かエスプレッソマシンを使うのが良いですね。
以下、ペーパードリップでの淹れ方をご紹介します。
1.コーヒーを入れる前に、コーヒーセーバーおよびコーヒーカップにお湯を入れて暖めておきます。
2.コーヒーセーバー、ドリッパー、ペーパーフィルターをセットします。そこへお湯を一旦通してペーパーフィルターの紙臭さを飛ばしましょう。
3.容易した人数分のコーヒー豆をペーパーフィルターの中に入れます。
4.豆中央のくぼませた部分から外側に向けて渦を書くように湯を注ぎます。全体を湿らせる感じにします。
5.豆の表面が少々盛り上がってきたら、注ぐのをやめ、30秒ほど蒸らします。
6.湯が落ちるのを確認したら再度お湯を注ぎ、表面が盛り上がったら注ぐのをやめます。
7.コーヒーが所定の量まで抽出されるまで、5と6の工程を繰り返します。

エスプレッソマシンでの淹れ方

1.エスプレッソ用に挽いた豆(極細挽き〜細挽き)を、フィルターに詰め、プレッサーで抑えます。そして豆をセットします。 2.蒸気圧が均等にムラなくかかるように豆を均一にし、フィルターの上にプレスカバーをのせます。 3.フィルターをエスプレッソマシンにセットします。 4.トレイにコーヒーカップを置き、スタートボタンを押します。

スポンサードリンク

水にも拘りましょう

コーヒーに使用する水は、コーヒーの特徴である味、コク、香りを引き出す大切な役割を持っています。それは水に含まれるミネラル分が、コーヒーの色や味覚に影響を与えるためです。コーヒーの美味しさにこだわるならミネラルの少ない「軟水」を使用しましょう。
ミネラルウォーターのボトルに「軟水」「硬水」に表示がしてありますので、直ぐにわかります。